• 創業支援室等を利用したい
  • 経営相談したい
  • 資金がほしい
  • 取引を広げたい
  • 技術を開発・製品化したい
  • 知的財産を活用したい
  • 企業情報がほしい
  • 組織からサポート内容を調べる

 イベント&助成金情報 - 助成金情報

外国出願にかかる費用の半額を補助します。

 
公益財団法人あきた企業活性化センターでは、秋田県内の中小企業者の皆様が外国へ特許等を出願する際に係る費用の一部を助成することで、海外への事業展開を支援します。
 
 募集期間 
第2回 令和元年9月17日(火)から10月31日(木)まで
※随時、申請のご相談を受け付けております。
 
 助成対象者 
秋田県内に事業所を有する中小企業者が出願人となり、外国特許庁へ特許等の出願を行う場合。
※申請書提出時点において日本国特許庁に既に特許出願等(PCT出願含む)を行っており、年度内に外国特許庁への出願を行う予定であることが必要です(マドリッド協定議定書に基づく国際商標登録出願については、既に日本国特許庁に対し商標出願を終えており、年度内に日本国特許庁に対し国際登録出願を行う予定があること)。
※すでに外国出願手続きが完了してしまっている場合には対象となりません。
※交付決定後から令和元年2月末までの間に出願及び経費支払いの手続きを行うことが必要となります。
※いわゆる「みなし大企業」については、本事業の対象となりません。
 
■ 支援内容 
特許・意匠・商標の外国出願に係る経費が対象となります。
 
【助成対象経費】
外国特許庁への出願に要する経費
外国特許庁に出願するための現地代理人に要する経費
外国特許庁に出願するための国内代理人に要する経費
外国特許庁に出願するための翻訳費用に要する経費
 
※採択前に着手した費用は助成対象外です。交付決定後に国内移行手続きを開始してください。また、国内外代理人の仲介手数料は、原則助成対象外です。
※日本国特許庁に支払う費用(PCT出願費用、国際商標登録出願の本国官庁手数料等を含む)については対象となりません。
※消費税及び地方消費税分は対象となりません。
 
【助成率】
助成対象経費の2分の1以内
※助成対象者以外の方との共有に係る特許等である場合、持分比率に応じた経費が対象となります。
 
【1出願あたりの上限額】
特許:上限150万円
意匠:上限60万円
商標:上限60万円
ただし、1企業あたりの助成上限額は300万円
 
■ 事業の流れ 
(1) 申請書及び添付書類のご提出
(2) 審査会の実施:プレゼンテーションを行っていだきます。
(3) 採択決定・通知
(4)   採択企業が出願手続き、経費の支払い(令和2年2月末まで)
(5)   支払内訳が明確な領収書等に基づき、助成金額を確定し、採択企業へ支払い
     (令和2年3月末予定)
 
■ 提出書類 
添付書類:申請書内に記載のとおり。
 
■ 提出方法 
該当書類を各一部、下記お申込み先へ提出してください。
 
■ その他 
(1)独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)との重複申請の禁止について
   当センターと独立行政法人日本貿易振興機構で同一案件の併願(重複)申請はできません。
 
(2)情報公開について
   審査の結果、採択となった案件については、事業者名、所在地、権利種別、交付決定額及び採択件数等は公表の対象となります。
 
(3)計画変更の手続きについて
   申請した出願計画の内容を変更する場合、または事業を中止・廃止する場合は、事前に当センターの承認を得る必要があります。
 
(4)助成金額の確定について
   当センターは報告書及び添付書類に基づき、書類の精査及び必要に応じて現地調査を行います。その結果、助成金交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認められた経費についてのみ、助成金交付額として確定します。助成対象外となる経費が含まれている場合や経費の支払証拠書類に不備が認められた場合には、助成額の全額または一部が対象外となることもあります。
 
(5)追跡調査等について
   助成が行われた外国出願について、外国特許庁からの査定があった場合には、速やかに査定状況に関する報告書を提出していただきます。また、その他にも随時、出願状況や事業化状況の調査を行う場合があります。
 
 
 
【お申込み・お問合せ先】
〒010-8572 秋田市山王三丁目1番1号 秋田県庁第二庁舎2階
  公益財団法人あきた企業活性化センター 知財・デザイン支援課 武藤
  電話:018-860-5614 FAX:018-863-2390
  E-mail:takaomi@bic-akita.or.jp
 

 

このページのトップに戻る

 

三菱UFJ技術育成財団は、技術指向型の中小企業の育成を通じて、我が国産業の発展並びに中小企業の経営高度化に貢献することを目的として、昭和58年に設立、発足しました。

当財団では、このような目的を達成する事業の一環として、設立以来、新技術・新製品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っております。今年度第2回目となる助成金の公募を、920日より1020日まで実施します。(※最大300万円、交付決定時前払い)

新規性・独創性に富むプロジェクトのご応募をお待ちしております。

 

 

≪研究開発助成金≫

■応募資格者

新技術・新製品等を自ら開発し、事業化しようとする具体的な計画を持つ、設立または創業後もしくは新規事業進出後5年以内の中小企業または個人事業者

 

■プロジェクト

現在の技術から見て新規性のある研究開発プロジェクトで、原則として2年以内に事業化の可能性があること

 

■助成金額

1プロジェクトにつき300万円以内 かつ 研究開発対象費用の12以下

 

■公募期間

920() 1020()(公募期間を変更しておりますのでご注意下さい)

 

■選考方法

学識経験者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公平なる選考を行います。

 

応募方法などの詳細は以下のリンク先もしくは応募要項をご覧下さい。

 

三菱UFJ技術育成財団 研究開発助成金HP

http://www.mutech.or.jp/subsidy/index.html

 

研究開発助成金応募要項

研究開発助成金交付申請書

 

 

 尚、当財団では、助成金交付に加えて、より長期的な視野で支援する目的で、当財団が株式(最大500万円)を保有する事業も行っております。創業以降の成長ステージに対応する形で株主となることにより、長期的に支援して参ります。

 

 

≪株式保有≫

■応募資格者

当財団の助成金交付または債務保証を過去に受けた中小企業のうち、当財団の助成金交付または債務保証を受けた際のプロジェクトによる新技術・新製品等の開発及び事業化が実施され、成長が見込まれる者

 

■保有額

1社につき500万円以内(対象企業の議決権の過半数を超えない金額)

 

■公募期間

随時

 

■選考方法

学識経験者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公平なる選考を行います。

 

 

【お問い合わせ先】

公益財団法人三菱UFJ技術育成財団

東京都港区芝2丁目4-3 三菱UFJ銀行芝ビル2

TEL03-5730-0338 FAX03-5232-0518

E-mailinfo@mutech.or.jp

 

このページのトップに戻る