• 創業支援室等を利用したい
  • 経営相談したい
  • 資金がほしい
  • 取引を広げたい
  • 技術を開発・製品化したい
  • 知的財産を活用したい
  • 企業情報がほしい
  • 組織からサポート内容を調べる

 イベント&助成金情報 - 助成金情報

 

 三菱UFJ技術育成財団は、技術志向型中小企業の総合的育成を図ることにより、わが国経済の一層の発展に寄与することを目的として、昭和58年に設立されました。

 当財団では、このような目的を達成する事業の一環として、設立以来、新技術・新製品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っております。

 今年度第1回目となる助成金の公募を420日から520日まで実施いたします。

300万円以内、交付決定時前払い)。新規性や独創性に富むプロジェクトの積極的なご応募をお待ちしております。

 

【研究開発助成金】

■応募資格者

 原則として設立もしくは創業後または新規事業進出後5年以内の中小企業

(大企業や上場企業の子会社・関連会社を除く)または個人事業者で、

優れた新技術・新製品等を自ら開発し、事業化しようとする具体的な

計画を持っている者。

 

■対象プロジェクト

 現在の技術からみて新規性があり、原則として2年以内に事業化の可能性が

ある研究開発プロジェクト。

 

■助成金額

 1プロジェクトにつき300万円以内 かつ 研究開発対象費用の2分の1以下。

 

■公募期間

 420日から520

 

■選考方法

 専門家・学識者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公正なる選考を行います。

 

 詳細な応募方法は以下のリンク先およびリンク先に添付している応募要項をご参照ください。

http://www.mutech.or.jp/subsidy/index.html

  

 また、これまでに当財団より助成金交付または債務保証を受けた中小企業を対象に、当財団が株式を保有する事業も行っています。対象企業の創業以降の成長ステージを踏まえて株主となることで、長期的に支援いたします。

 

【株式保有】

■応募資格者

 当財団の助成金交付または債務保証を受けた中小企業のうち、当財団の助成金交付または債務保証を受けた際のプロジェクトによる新技術・新製品等の開発および事業化が実施され、成長が見込まれる者。

 

■助成金額

 1社につき500万円以内(議決権の2分の1を超えない金額)。

 

■公募期間

 随時

 

■選考方法

 専門家・学識者等で構成する当財団の審査委員会にて厳正かつ公正なる選考を行います。

 

 

【問い合わせ先】

公益財団法人三菱UFJ技術育成財団

東京都港区芝2丁目4-3 三菱UFJ銀行芝ビル2

TEL03-5730-0338 FAX03-5232-0518

E-mailinfo@mutech.or.jp

 

このページのトップに戻る

この事業の応募についてのご相談は、新型コロナウィルスの感染抑制のため、現在原則、メール、FAXおよび電話でのご相談とさせていただいております。以下でダウンロードできる事前相談申込書をご活用ください ※

秋田県内の中小企業者等と農林漁業者との連携体が取り組む商品開発、販路開拓、複数の連携体が取り組む販路開拓等に対して、支援を行うことにより、本県の県内事業者の育成や食品産業の振興を図るため、事業経費の一部を助成します。

事業区分 助成対象事業 助成率 助成限度額
農商工連携支援事業
県内の中小企業者またはNPO法人等と農林漁業者の連携体が行う次の事業
① 新たに取り組む商品の開発や改良
② 開発や改良した商品の販路開拓(自己負担または他の制度を活用し、開発した商品を含む)1/2
(開発商品の販路が確定している場合や、県の公設試が開発した品種、技術を活用する等の場合は2/3)
以内
③ 県産農林水畜産物の高品質化やブランド化、安定供給のための取組
④ 商品開発と併せた衛生管理の改善、農業生産工程管理、産業財産権等の取得
⑤ 県産農林水畜産物を活用したメニュー提供等の新たなサービス事業の展開
⑥ ①~⑤に付随する告知媒体等を活用したPRや周知活動
⑦ ①~⑤に付随するマーケティング等の必要な調査
1/2
(開発商品の販路が確定している場合や、県の公設試が開発した品種、技術を活用する等の場合は2/3)
以内
単年度または1年目は100万円、 2年目は1年目の1/2
農商工連携応援団体支援事業 県内の中小企業者またはNPO法人等と農林漁業者の連携体が取り組む活動を支援する団体による、上の欄①~⑦の事業
 2/3(上の欄括弧内の場合は10/10)以内
単年度または1年目は100万円、 2年目は1年目の1/2
募集期間
 
令和2年3月23日(月)~令和2年5月11日(月)
 
 
 
応募に当たって
 
事前に応募要件に合致しているか内容を確認しますので、別添の募集要項や募集にあたっての注意事項をお読みいただき、応募締切日の概ね2週間前までに事前相談申込書を提出のうえ、必ず事前相談を受けてください。
なお、新型コロナウィルスの感染抑制のため、原則、メール、FAXおよび電話でのご相談とさせていただきます。
 
お問い合わせ先等
 
公益財団法人 あきた企業活性化センター
経営支援部 設備・研究推進課
秋田市山王三丁目1-1 秋田県庁第二庁舎2階
電話番号  018-860-5702
FAX番号 018-860-5612
 
↓ダウンロードは以下から↓
 
●令和2年度 第1回あきた農商工応援ファンド募集要項
●あきた農商工応援ファンド支援事業実施要領
●あきた農商工応援ファンド支援事業交付要領
●あきた農商工応援ファンド支援事業交付要領 別表等
●あきた農商工応援ファンド支援事業交付要領の運用について
●(第2稿)あきた農商工応援ファンド支援事業一問一答
●事前相談申込書 
 
●農商工応援ファンド支援事業 事業計画申請書等(①農商工連携事業用)
●農商工応援ファンド支援事業 事業計画申請書等(②農商工連携応援団体事業用)
 
 

 

このページのトップに戻る